⇒ このブログはこんな人が書いてるよ!

iPhoneのPlusは「●●」だから普通サイズに戻しました

ついに先日、iPhone8に変更しました。本当はiPhoneXにしたかったけど料金高いし、販売台数少ないから予約競争に巻き込まれる、など色々理由がありますが一番は”早く機種変更したかった“からです。

以前はiPhone6Plusを使ってましたが

lsamu

LINE開くのに20秒かかるわ

朝起きると電池1%になってるわ

ストレスが溜まる溜まる

流石にこれはマズイと感じ、新しいiPhoneに買い換える事にしました。

ちなみにiPhone歴7年です

iPhoneは4から使用し始めて、iPhone歴は7年ぐらい。

iPhone4→iPhone5→iPhone6Plusと新シリーズになる度に買い替えていました。

iPhone7の時だけは中身がそこまで進化していない、iPhone6Plusの本体代金がまだ分割中などの理由があり見送ったんですよね。

そして2年越しにやっとiPhone8に換える事になりました。約2年間使い続けたiPhone6Plus。Plusシリーズは6が始まりで当時は大きな話題を呼びました。当初僕はiPhone6に買い替える予定があり、「どうせなら大きいiPhoneが使いたい」という好奇心混じりの理由でPlusを購入し使用してきました。

 

しかし、

今回のiPhone8ではPlusではなく通常サイズを選びました。

 

iPhoneをPlusから通常サイズに戻した理由

iPhone Plusは良い部分もたくさんありました。

しかしそれでも僕は通常サイズに戻しました。

理由は

 

大きすぎるから

 

そう。

iPhonePlusは大きすぎるんですよ。

 

ここでiPhonePlusの特徴をまとめてみましょう。

iPhonePlusの特徴
  • 画面が大きいから文字や動画が見やすい
  • 横向きで使いやすい
  • バッテリーが長持ち
  • カメラ機能が高性能
  • 持ってると羨まがられる
やはり通常iPhoneに比べるとスペックが高い。そして画面が大きいのでゲームやYoutubeをよく利用する人は断然こちらの方が快適ですよね。僕も結構スマホゲームしてたので、大画面でゲームできるのは控えめに言って最高でした

やたら褒められる

これは実体験ですが、iPhonePlusを持ってると会った人に「これPlus?良いね」「やっぱ画面デカいな、いいな」「これでゲームしたいわぁ」など多くの方に好評でiPhone6Plusに買い換えた時は優越感に浸っておりました(^U^

 

でもね、

大きいと大きいなりの不便も出てきます

 

ここがだめだよiPhonePlus

片手で操作がしづらい

これが自分の中で一番ダメな理由。

片手で文字が打てないのが本当に不便でした!

特に僕は男性でありながら女性と同じぐらい手が小さく指が短いのでマジで片手で文字打てませんでした。左手で文章を打とうしたら一番右の「さ」「は」「ら」「?!」とか打てません、届きません。

lsamu

「さ」とかマジ届かん。

一応片手で打てる技を開発できた

どうにか片手で打てないか考えた結果。小指を使って向こう側の文字を打てるようになり、なんとか片手でも文字を打てる事はできるようになりました。

しかし、打てるのは打てるが指を思いっきり伸ばしたりiPhoneを傾けないと打てない技術なので外で歩いてる時とかは危なくて使えませんでした。はい、外で歩いてる時とかにスマホを片手で操作できないって苦痛じゃないですか?

スマホって片手で色んな操作ができるから哲学なんですよ。

iPhoneはシリーズを重ねる毎にサイズが大きくなっていきました。同時に軽量化もされてましたが、やはりPlusの領域になると外で気軽に使えるデバイスでは無いと感じましたね。

今考えると、iPhone4とか5の時は自転車に乗りながら片手で操作してました。

※ 自転車に乗りながらスマホは危険です。

 

カバー装着を余儀なくされた

僕はiPhoneカバーをしない派だったので、ずっと裸iPhoneで使ってました。

やだ裸iPhoneって響きなんかえろい。

しかし、iPhone6Plusを手にしてからは

これを片手でいじってたら絶対にいつか落とす

そう危険察知をしたので仕方なくiPhoneカバーを購入。結果、これまでiPhoneを落とした事がなかったのにPlusにしてから2年間で数回落としてしまったのでカバーを買ったのは正解でした。ただ、カバーをしてても傷がついてしまうとは想定外ではありましたが(安もんのカバーだったからなー

ポケット入れいくい問題

大きいからズボンに入らない事もありました。

特にジーパンだと前のポケットが窮屈。iPhonePlusのシルエットが出るし、しゃがむ事ができなかったり。後ろポケットだとしっくり来るけど、基本は前ポケットにiPhone、後ろポケットに財布を入れる癖があったのでiPhoneはずっと手に持って移動してました。

自転車に乗っている時に気軽にiPhoneを見る事ができないし、後ろポケットに入れて自転車に乗るといつも落としそうになってました

 

大きいが故の問題が数多く出てきます。

iPhone6Plusを2年間使って分かった事それは、

何でも大きければ良いってわけでもないんですよ。

 

通常サイズのiPhoneに戻して快適

iPhone6Plus→iPhone8へと通常サイズに変更して3日ほどが経過しました。

やっぱりこっちの方がしっくりくる

片手で操作できるし文字も打てる。そして軽い。やっぱこれがiPhoneだよなー感じはあります。iPhonePlusにも良さはたくさんありましたが自分的にはもうPlusにする事はないかなと思います。

デッカい画面でWEBサイトや動画みたり、ゲームしたい時はiPadがあるのでそちらで十分かなと。

lsamu

iPhoneもお●ぱいも大きすぎない方が良いんすよ。。。

そんな訳で昔のように快適なiPhoneライフが戻ってきたわけでテンションが上がってこの記事書きました。iPhonePlusが使いずらくて通常サイズに買い換えようか迷っている方は通常サイズに戻すべきですよ。

 

Plusの大きな画面に慣れて通常サイズじゃ物足りなくない?

今の通常iPhoneも小さすぎるというサイズでは無いので、物足りない感はありません。iPhoneでお絵描きしたい、メールを良く使うとか一定の需要がない限り、日常生活でiPhone使うなら通常サイズがベストじゃないですか?

 

ちなみに前のiPhone6PlusはiPhone買取専門店にて25,000円で買取してもらいました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)