⇒ このブログはこんな人が書いてるよ!

Fireworks(ファイヤーワークス)でグリッドや定規を表示する方法・ショートカット

Fireworksではサイズや位置を正確に図れるグリッドや定規といった便利な機能があります。あまり使っていない人もいるかもしれませんが実用化できると凄く便利なのでご紹介しておきます。

ちなみに自分が使用しているのはFireworksCS6です

定規

こちらが定規です。表示されていない人は「表示」「定規」で表示されます。

  • ショートカットキーは「command+alt+R」

この定規はピクセル単位で目盛りがふられています。

定規をクリックしながら引っ張ると青色の線が出現します。これは「ガイド」といいます。

自分はサイズを揃えたい時の調整に良く使っています

 

グリッド

グリッドはカンバス上に方眼紙のようなマス目が表示される。オブジェクトを正確に配置できます。

「表示」「グリッド」「グリッドを表示」

  • ショートカットキーは「command+alt+G」

 

さらに「グリッドを編集」を選択すればグリッドの1コマのサイズを変更することが可能

定規、ガイド、グリッドを使いこなせるようになれば作業の効率もグンと上がります。ショートカットはぜひ頭の片隅に入れておきましょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)