⇒ このブログはこんな人が書いてるよ!

未経験でも大丈夫!Webコーダーの転職で年収アップを狙うには?

Webサイトを影から支えているのがWebコーダーです。

Wenコーダーは仕事量も多く、Webの仕事の中心的役割を担うのが、Webコーダーです。Webコーダーは、サイトの最終工程でぎりぎりの調整を行います。サイトの管理まで請け負うこともあり、サイト運営そのものにも最も深く関わる重要な仕事です。

 

未経験者でも採用される可能性大の職種

Webコーダーは、プログラマやデザイナーと違って、未経験からのチャレンジが可能な職種です。求人数が多いのも、Webコーダーの転職市場の大きな特徴です。Webコーダーの年収は全体的に低めです。あまりスキルが必要でないことや実際にWebコーダーを請け負える外注先が少ないことも影響しています。経験者ではありませんので、年収が低くなってしまいます。

 

Web業界が初めてでもOKな理由

Web業界が初めてだけれど、興味があって今からチャレンジしたいという若い方も多く、低めの年収になりがちですが、求人情報を探せば年収の高いWebコーダーの求人も多く見かけます。Webコーダーは、その後のスキルアップが期待できる職種です。適性があってデザイナーやプログラマを目指すなら、Webコーディングの経験が生かせますし、年収もアップします。

lsamu

他業種からの転職でも、経験を積めば道が開けるため、年収が低くても業界に飛び込んでくる人が多い職種です。

>>早速、Webコーダーの求人を探してみる<<

 

Webコーダーに必要なスキルと年収

Webコーダーの年収は、370万円〜400万円です

Webデザイナーと同程度の給与水準ですが、平均年収が低めとなっているため、待遇に不満を持つ方も多い職種です。転職者が多く、未経験者でも採用するケースが多いのも、年収が低い、待遇が悪いという面があるからです。
Webコーディングの単価も下がる傾向にありますので、今後は昇級や昇進が難しくなります。
Webコーダーに必要なスキルは、これまでに制作したWebサイトや画像、URLなどです。具体的な制作物とコンバージョン率などがわかれば、説得力のあるアピールができます。その他、XHTMLやCSSなどの基本的な知識は必須です。

Webコーディングの知識の他にも企業が重視するSEOに関する知識を学んでおきましょう。売上アップの実績が、他のWebコーダーよりも優れていれば、間違いなく採用への近道になるものと考えてください。

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。

参考:https://www.seohacks.net/

 

年収アップに不可欠な要素とは?

Webコーダーは、少し前に比べて、仕事に従事する人の数も増えています。求人数も増えていますが、そこそこの給料を得ようと思えば、HTMLやCSSの知識の他にも、とJava scriptやAJAX、PHPなどの知識と実務経験があると、より優遇されます。

HTMLやCSSはこれからもマイナーチェンジを繰り返していきます。新たな言語やCMSも登場していますので、基本的な知識や技術を応用しながら、新しい技術も積極的に採り入れ、スキルアップを目指すといいでしょう。さらにプログラミング言語を習得しており、実務経験を積んでいると、上位工程への仕事のステップアップや報酬アップも期待できます。

 

WebコーダーはWebデザイナーの登竜門

Webコーダーは、Webの仕事の基本ともいえる職種です。フロントエンジニアやディレクションなどの道も用意されています。あなたの目指す道がはっきりしていれば、Webコーダー未経験の方でも短期間で年収アップできる可能性を秘めた職種であり、Webの仕事の登竜門と考えてもいいかもしれません。

 

Webコーダーの転職にオススメな転職サイトはここ

>>早速、Webコーダーの求人を探してみる<<

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)