エックスサーバーで503のエラー、僕が行った3つの対処法

僕はいつくかのサーバーを借りているんですが、最近エックスサーバーにあるサイトのアクセスが有難い事に増えています。ただ、一時的なアクセスが多いサイトになっているのでピーク時になると「503 Service Unavailable」「Service Temporarily Unavailable」のエラーが発生してしまいます

 

503 Service Unavailable

このメッセージは「503エラー」と呼ばれ、レンタルサーバーから返されるHTTPステータスコードのひとつ。
「サーバーへの同時アクセス数の制限を超えているため、訪問者の閲覧を制限している」という状態を指しています。

引用:https://www.cpi.ad.jp/column/column01/

 

さて、どうしてものか

本来はアクセスが大量にあるってのはサイト運営者としては嬉しいはずですがアクセスが多すぎるのもいかんのです。自分のように個人でやっている程度ならエックスサーバーの一番安いプランで十分です(X10プラン)

アクセスエラーになるという事はせっかくサイトを見に来てくれた人がサイトを見れない状態になっています。いわば、人気の飲食店に行ってみたら3時間以上の待ち時間で仕方なく帰ったって感じでしょうか。アドセンスで収益を得ている人なら余計に見逃していけない事態です。

とはいえ、対処する方法は限られてきます。一番てっとり早い方法はサーバーを上位プランに上げれば良いだけ。サーバー自体が大きくなるのでたくさんアクセスが来たとしてもエラーになる事は少なくなります。ただプランを上げれば費用も高くなります。僕が契約しているXサーバーの場合、一番上のX30プランだと3か月で14,400円(税込15,552円)、一番安いX10プランだと3か月で3,600円(税込3,888円)と約11,664円の差が出ます。個人でやっている身とすればサーバー費に月4,800円はかなりお高い…

とにかくプランを変えずにアクセスエラーを抑える方法を考えました。ども道、プランを変えるには時間がかかります。

 

503のエラーを防ぐ、3つの対処法

1・エックスサーバーのmod_pagespeed設定をONにする

これはエックスサーバーのスタッフからメールで教えて頂きました。「mod_pagespeed」とはエックスサーバーのWebサーバーのコンテンツを最適化し、表示速度の向上およず転送量の軽減を図るツール。簡単に言ってしまえ”サイトを軽減してくれるツール”

設定は簡単でエックスサーバーのサーバーパネルから設定を「ON」のするだけです

エックスサーバーのサーバーパネルに行き「mod_pagespeed設定」をクリック

画像では「OFFにする」になってますが「ONにする」をクリックでOK

ただし、「mod_pagespeed設定」機能を有効にすると、最適化処理の影響によりメモリ使用量やCPU負荷が上昇するなどデメリットもあるのでご注意です。

 

2・キャッシュプラグインを使う

ワールドプレスのキャッシュプラグインを使うことでサーバーの負担を大きく改善することができます。キャッシュプラグインとはすなわち、一度誰かがアクセスしたページを一定時間静的なデータとして保存し、次回以降のアクセスにおいては保存した静的データを活用することで、CPU負荷を大幅に軽減して動作を高速化させるツール。

キャッシュが軽減されることでアクセスの負荷も抑える事ができます。自分が使ったキャッシュプラグインは「WP Super Cache」

プラグインを新規で追加し「有効」にするだけでOKです

 

3・エックスサーバーのPHPのバージョンを最新のものにする

1と2を試してもあまり効果を感じられなかったのですが、PHPのバージョンを最新のものにしたらかなり効果が出たと感じられました。

エックスサーバーのサーバーパネルに行き「PHP Ver.切替」をクリック

現在推奨されているのはPHP5.6.22ですが、これを最新のPHP7.0.7にすると大幅にパフォーマンスが改善されます。

 

ただ、環境やサイトの設定によってはPHP7.0.7に変更することでエラーが生じる可能性があります。有効にしているプラグインがPHP7.0.7に対応していないとエラーメッセージが出てきます。しかしこれはプラグインを削除するだけで簡単に解決できます。

自分はPHP7.0.7に変更してから503のエラーがかなり減ったのでこちらが最終手段として使ってみてください。

 

まとめ

エックスサーバーで何度も転送量を超えているとエックスサーバーのサポートセンターからお知らせがきます。内容としてはアクセス多すぎて自分が使っているプランの転送量が大幅に超えてるから何か対策してねーとの事。

早急に対策をしないと速度制限を設けられるので、ちょっとでもアクセスが増えるとすぐに503エラーになってしまいます。そうならない為にもまずは上記3点の対処法を試し軽減対策を行いましょう。

それでもダメならプランを変えるか、別のサーバーに移転する事も考えて見てください

エックスサーバーのプランを見直す

 

スポンサードリンク

WEBデザインのオススメ本・教材

Powered by amaprop.net