大阪開催のエレクトロダッシュに参加!長居公園で音楽と光が疾走

光と音が大好き、いさむそんです。

エレクトロダッシュが10月3日、4日に日本初開催となり、自分も4日にエレクトロダッシュに参加してきました!

 

 

エレクトロダッシュとは?

2014-10-06 13.44.19

出場者は光るアイテムを身につけ音楽と光を楽しみながらランニングしてゴールを目指します。とくにタイムや順位はなく走っても歩いても止まっても踊っても良く、とにかく自由に楽しむ全米で今、大人気のナイトランイベント

暗闇の中で光を楽しみゴールの後はライブ会場がありDJやアーティストが音楽で盛り上げてくれてまさにクラブ状態です。お酒を飲みながら走っても大丈夫なので気分はアゲアゲです。

 

 

 

エレクトリックランとの違い

2014-10-06 13.44.26

エレクトロダッシュより一足早くエレクトリックランが日本で初上陸しています。一体この2つは何が違うのか?ほとんど内容は一緒ですが主催の団体が違うみたいなだけです。ポケモンと妖怪ウォッチみたいなもんかな(違

これより先に日本でも人気になりつつあるのが色とりどりのカラーパウダーを被りながら走るカラーランの姉妹イベントのようです。これからどちらも人気と知名度は増していくでしょうね。

 

 

 

エレクトロダッシュの感想

2014-10-06 13.45.52

とにかく楽しい!その一言に尽きます。

簡単に言ってしまえばクラブのノリを外に持ってきたような感じ。暗闇の中で光アイテムをつけて走る様は今までに無い経験で興奮しまくり。ちなみに参加者の7対3ぐらいで女性ばかりでした。年齢制限の無い(?)みたいで学生の方達が多かったですね。

 

 

服装は自由
2014-10-06 14.12.42

とくに服装の指定はありませんが、動きやすい服装が良いです。ジャージやシューズがオススメ。後は自分が楽しめる服装で、裸以外な何でもOKかと。コスプレや着ぐるみを着てる人もチラホラいたかな。

あと、参加者には全員にエレクトロダッシュのロゴが書かれたTシャツが配られます。絶対着ないといけないわけではありませんがロゴの部分が暗闇で光るしカッコイイし基本的に皆Tシャツ着てました。

僕らのグループはもらったTシャツと購入した短パンに蛍光色の絵の具をかけたりして良い感じに汚して着てました。後は腕につける蛍光リングや顔にペイントする蛍光ペイントを事前に購入。蛍光リングとメガネは参加者全員が貰えて蛍光ペイントはブースで売っていたので事前に用意していなくてもアイテムは揃える事はできます。ほとんどの人が何からしらのお揃いの服装だったかな。

 

2014-10-06 13.43.42

僕らはアフロを被って参加。

 

 

2014-10-06 13.46.14

暗闇でこんな感じに光ります。(アフロが光ったのは想定外)

 

 

参加者以外も見る事はできるのか?
2014-10-06 13.44.19

エレクトロダッシュはチケットを購入した人した参加できませんが道中のランニングコースは長居公園のコースなので一般の方でも走る事はできます。しかしイベント用にコースは真っ暗なので光るアイテムが無いと危ないです(笑)

ゴール会場は参加者しか入れないですが会場外は普通に一般人の方もたくさんいたので参加者じゃなくてもタダで楽しめますよ。

ランニング距離は5kmでのんびり歩いていけばゴールまで2時間ほどかかります。

 

 

とにかく楽しむ事が大事
2014-10-06 13.44.07 2014-10-06 13.44.33 2014-10-06 13.44.26 2014-10-06 13.46.45 2014-10-06 13.44.57 2014-10-06 13.44.10

開催時間は18時から21時、近隣の方に迷惑になるのであまり遅くの時間までは盛り上がれませんからね。ちなみに僕らがゴール会場に付く頃にはライブが終わりイベントは終了していました…残念。

 

 

2014-10-06 13.44.40

完走記念にみんな記念撮影。完走すると無料でお水が貰えちゃいます。

 

とにかく最初から最後まで盛り上がりっぱなし。エレクトロダッシュが終わった後はジラフでアフターパーティがありましたが自分は体力が無かったので帰りにラーメンを食べて帰宅

2014-10-06 13.44.47

長居公園周辺のお店にはエレクトロダッシュ帰りのお客さんで溢れかえってました。

 

ちなみにエレクトロダッシュはカラーランと違い、汚れる事はありません

これからもイベントは随時開催されるようで参加するには要予約な様なので参加したい方はお早めに!本当に楽しかったので僕は次回も参加しますよー

 

 

スポンサードリンク

WEBデザインのオススメ本・教材

Powered by amaprop.net