⇒ このブログはこんな人が書いてるよ!

映画るろうに剣心 京都大火編を観た感想 ネタバレや原作との違いなど

左ほっぺに大きなニキビができました、どうもいさむそんです。

先週8月1日に公開された「映画るろうに剣心 京都大火編」を観てきました。

追記:「映画るろうに剣心 伝説の最期編」の感想書いたのでこちらも合わせて一緒に読んで下さい。

⇒ 映画るろうに剣心 伝説の最期編を観た感想 ネタバレや原作との違いなど

※記事内にはネタバレがありますので注意して下さい。

 

映画るろうに剣心 京都大火編を観た感想

20140530182940

前作ははっきり言って微妙な全体的に微妙な感想だったけど今回は素直に圧倒されました。

想像以上の十分なボリュームとスケールがあり原作のストーリーをよく前編であれだけまとめたなと。アクション、ストーリー、キャラクター全てが前作よりパワーアップして満腹感。最後まで楽しめて観る事ができました。殺陣シーンも多彩で剣心の軽快な動きは爽快。不殺の設定が実写にはマッチしているなと今更気づきました。新キャラキャストも良い感じ。特に蒼紫、操、翁、宗次郎は原作に忠実に再現されていてて演技も素晴らしい。

個人的に不満だったのが志々雄と十本刀。あれだけ再現できたのは凄いと思うけどやっぱり違和感だらけ。まず包帯の太さや巻き方がおかしい、もはや包帯ではない。もうただのホラー映画に出てくる藤原竜也にしか見えなかった。

もっとスタイリッシュで傲慢な態度でアニメの声の方がイメージは近い。じゃぁ誰が適役やねんと突っ込まれるとパッと出てこないけど。実写化は難しいと言われてきた志々雄をあそこまで再現できたんだから後編に期待。

 

ネタバレ、伝説の最期編はどうなる?

116967

※ここからネタバレになります。

 

全編は剣心が1人、煉獄に乗り込むが薫と共に海に落ちて何処かに漂流してしまう。

そこに謎の男が現れて前編は終了するのですが、謎の男がまさかの福山雅治!最後の最後でビックリしました。エンドロールでも謎の男と書かれており正体は不明ですが恐らく剣心の師匠 比古清十郎ではないでしょうか。と、なると奥義伝授の話が後編に登場するはずですが描写的に天翔龍閃だけになりそう。ストーリーもかなり改変されて端折られている場面がたくさんあります。

 

特に十本刀は後編でもあまり活躍しなさそう。まともに闘うのは宇水vs斉藤、安慈vs左之助、宗次郎vs剣心、辺りと予想。映画はほとんどキャラの技が出ていないので牙突零式や二重の極みは無いかもしれません。蒼紫は翁戦で回転剣舞六連を使ってたっぽいけど。

前編では剣心のタイマンはほとんど無かったので後編は蒼紫、宗次郎、志々雄とありそうなので楽しみです。予告を見る限りでは最終決戦は志々雄のアジトでは無く煉獄で行う感じ。煉獄から海に落とされた薫の行方は前編では分かっていません。というか何故、海に落とされたのか(笑。

 

ストーリーは後編からかなりオリジナリティになるようで結末も違った形になりそうです。特に注目したいのが伊藤博文。原作でも出てこない伊藤がオリジナルで出す理由は、志々雄の陰謀の影に潜む黒幕の可能性が高い気がします

志々雄が国の頂点に立つことで国を強くしようとしている。それを討伐する一方、その強さを利用する明治政府の影みたいな構図があるんじゃないかと。だから大久保暗殺命令、志々雄に煉獄を与えたのも全て伊藤博文だった、みたいな。いずれにせよ何らかの鍵を握っている人物でしょう。

その辺りを考察するとかなり後編が面白くなってきそうです

 

原作との違い

1_large

前作からですが時間の都合上、ストーリーはある程度改変されています。

映画冒頭、斉藤が志々雄と対峙するシーンや薫が張と剣心の対決時に現れたり、左之は京都大火時に現れたり、十本刀は全員煉獄の中に居たりと細かい改変が目立ちました。志々雄の影武者がたくさん出てたり、薫が誘拐されて剣心が1人で煉獄に乗り込むクライマックス辺りからはほぼオリジナルに。後編はかなり別物の展開になり原作とは違う終わり方をしそうですね。

前作で出てこなかった蒼紫は急に現れて抜刀斎を殺すとかタダのキチガイになってるし剣心も蒼紫と戦わなきゃいけない理由が弱すぎる。絡み方が一方的過ぎるし前作から登場させれば良かったのに。1番の違いは不二が普通の人間サイズになってる事でしょうか

 

続編は追憶編で決定か

20091217172735116まだ後編が公開されていない中、続編の声がちらほらネット上で噂されています。
興行収入は問題なさそう(3日間で8億)なので恐らく続編は制作されるでしょう。

続編が出るとすれば間違いなく追憶編になるかと。京都大火編でも剣心の回想で巴らしき人物が出ています。顔が隠れて見えませんでしたが、あそこで巴を出す必要も無いのに何故だしたのか。それは続編で追憶編をやる場合の伏線だと僕は思います。

追憶編と言えば世界でも絶賛されている名作。

脚本はもちろん、巴を演じるのは誰になるのか気になりますね。

 

まとめ

96431

ハリウッドに負けない、日本が誇る実写映画。

自分の中では期待以上のでした。非現実的な殺陣を今の日本技術で忠実再現されており、前作以上のスケールとアクション、ハラハラの展開とストーリーで134分飽きずに観る事ができた。

中途半端な部分で終わらず前編の枠でしっかりと納めてくれたし後編もより期待できる展開にさせてくれています。

後編の9月13日が待ち遠しいですね。

 

※追記:「映画るろうに剣心 伝説の最期編」観てきました。

⇒ 映画るろうに剣心 伝説の最期編を観た感想 ネタバレや原作との違いなど

 

るろうに剣心 コンプリートBlu-ray BOX
るろうに剣心 コンプリートBlu-ray BOX

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)