⇒ このブログはこんな人が書いてるよ!

WEBサイト制作時に5W1Hを意識することが大事

CoCo壱番屋の福神漬けが地味に好き、どうもlsamuです。あれって食べると癖になるんだよなー

今回は僕がWEB制作会社に入り立ての頃に教わった、WEBサイトを作る際5W1Hを意識することが大事という話です。

 

そもそも5W1Hって何?

zEk8RJdmQrqja2XwbjgJ_DSC_2368

記事など書く際に意識されている情報伝達のポイント。

  • なにを(What)
  • だれが(Who)
  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

の6つの要素をまとめる事により相手により的確にわかりやすく情報を伝達する事ができると言われています。

 

WEBサイト制作時に5W1H意識することが大事

tumblr_n4vberyVy81st5lhmo1_1280

WEBサイトを制作する時にも最初に5W1Hを意識して考えます。

「なにを(What)誰が(Who)いつ(When)どこで(Where)なぜ(Why)どのように(How)サイトを利用するのか?」

それでは順を追って説明していきます。

今回は例として居酒屋さんのWEBサイトを作成するとして考えてみます。

 

what(なにを) = WEBサイトの目的

what

WEBサイトから店舗への集客に繋げる・売り上げUP

思わず行きたくなる。食べたくなるを伝えたい。

 

Who(誰が)= WEBサイトの対象ユーザー

why

・30〜50代・仕事帰りのサラリーマン・夜遅くまでやっている居酒屋を探している人

少し落ち着いた穴場的なスポット。良質で美味しい料理が食べれる。夜遅くまで営業

 

When( いつ)= いつWEBサイトを利用するか

where

・休日・帰宅後

ゆっくり見る人を対象に見やすいコンテンツとお店の雰囲気が伝わるデザインに

 

Where(どのように) = どのような環境でWEBサイトを利用するか

where

・自宅パソコンで見る人がメイン・スマートフォン(近場でお店を探している)

大きめなレイアウトで

 

why(なぜ) = なぜWEBサイトを利用するのか

when

仕事場、家の近場に良い居酒屋が無いか・気になっているがどんな雰囲気なのか分からないから・他と比べる

店内と料理を見てもらうレイアウトにする

 

How(どのように)= どのようにWEBサイトを利用するのか

who

・検索エンジン・店舗のチラシを見て

新規ユーザーも依存ユーザーも対象

 

WEBサイトを制作する前に5W1Hを明確にしておけばデザインを起こす時やコンテンツの設計でつまずく事が少なくなりスムーズに制作できると思います。

1から1人でサイトを作る時とかなど一度5W1Hを意識してから作成してみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)